1. ホーム
  2. 主な広報活動
  3. 一筆啓上手紙コンクール後援:第4回新一筆啓上賞顕賞式
  4. 入賞作品:住友賞

主な広報活動主な広報活動

一筆啓上手紙コンクール後援

第4回新一筆啓上賞顕賞式

入賞作品
住友賞
  • 「倅へ」
    倅、初孫のなめえ付けたぞ。『諭吉(ゆきち)』だ。
    故郷の偉人、福沢諭吉の諭吉だ。どうだ!
    「親父へ」
    親父、ありがてえけどよ。
    『諭吉』は、余りに重過ぎる。半分にして、『諭(さとし)』でどうだ。

    赤松 菊夫(62歳 福岡)

  • 「『負け犬』娘へ」
    一筆啓上 娘様 もう、誰でもいいから、結婚して下さい。 父より
    「父へ」
    返信 お父様 本当に、誰でもいいのですか。 娘

    石田 真理(31歳 東京)

  • 「父へ」
    お父さんはいつも黙ってるね。
    「娘へ」
    お前がいつもしゃべってるからな。

    岡村 真子(13歳 京都)

  • 「お父さんへ」
    一緒にバージンロード歩いてくれてありがとう。
    骨折してる足の指痛かったやろ。
    「娘へ」
    他の所がもっともっと痛かったわ!

    梶間 望(30歳 三重)

  • 「息子へ」
    仕事は辛いだろ。俺の苦労が解ったか。
    「父へ」
    父さんより、母さんの苦労が解ったよ。

    後藤 順(53歳 岐阜)

  • 「息子へ」
    超えたか。
    「父へ」
    まだまだ。

    佐藤 洋一(43歳 長野)

  • 「父へ」
    弟が今反抗期中で大変だね。
    「息子へ」
    え? お前もじゃないの?

    瑞慶覧 長友(16歳 熊本)

  • 「父へ」
    あなたのコピーとして生をうけ、モテた試しがありません。
    「娘へ」
    それこそ父の戦略さ。

    瀬古 みさき(26歳 三重)

  • 「父へ」
    この362敗2分けって何?だんだん増えてきてるけど・・・。
    「息子へ」
    お前のお母さんは強い。

    田守 皓太(岐阜)

  • 「パパへ」
    いつもプロレスの技かけてくるパパだけど、いつまでやってくんのさ。私、中1だよ
    「なっちへ」
    まごが出来るまで、お前が相手だぁー。

    釣部 菜摘(13歳 福井)

  • 「お父さんへ」
    今はダイエット中なのです。
    キレイになって素敵な人にめぐり会いたいんだもん。
    「美絵ちゃんへ」
    ご飯をうまそうに食べるお前の顔が一番なのに
    それを知らん男にはお前をやる気はない。

    中村 美絵(30歳 沖縄)

  • 「父へ」
    昔は白髪を抜くと喜こんでくれたのに、今は怒るんですね。
    「娘へ」
    どうか、父さんの頭をそっとしておいて下さい。白髪すら貴重なんだよ。

    西谷 未来(17歳 埼玉)

  • 「娘へ」
    母さんと見合した時、「パパ」と呼ぶお前の声が聞こえたから、
    結婚を決めたんだ。
    「父へ」
    私、お父さんのこと、「パパ」って、呼んだことないよ。

    新田 優子(50歳 石川)

  • 「お父さんへ」
    お父さんに会えなくて寂しいよ。冬休みには東京まで会いに行くからね。
    「娘へ」
    娘よ、君が本当に会いたいのは父ではなくて、ミッキーマウスじゃぁないのかい?

    林田 沙織(16歳 熊本)

  • 「父へ」
    あかんかったわ。
    「娘へ」
    ほりゃほうじゃわ。

    平野 沙里(13歳 徳島)

  • 「お父ちゃんへ」
    お誕生日おめでとう。ネクタイとゆでたまごを贈ります。
    本物はもう少し待っていてね。
    「朋子へ」
    よい夫婦(ニ麸)妊婦(ニ麸)産婦(三麸)になって下さい。
    七つの麸を送ります。

    星 朋子(44歳 福島)

  • 「父から娘へ」
    「ほら、着いたぞ。玄関横づけだ。」
    「娘から父へ」
    「だって私は、パパの令嬢じゃん。」

    谷田部 真衣美(22歳 茨城)

  • 「お父さんへ」
    お父さんとのけんかでお母さん泣かせてもたよ。
    「娘へ」
    一緒に謝まろうか。

    山崎 夏代(14歳 福井)

  • 「父へ」
    前略。野菜届きました。それと子供にはいつもこづかいを送ってもらって・・・・・・
    「子へ」
    ・・・・・・追伸。お礼は電話でたのむ。

    依田 宏昭(大阪)

  • 「父へ」
    父上と正反対の彼氏をゲットしました。
    「娘へ」
    そのせりふ、20年後に聞かせてもらおうじゃないか。

    渡辺 光子(54歳 岡山)

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.