1. ホーム
  2. 主な広報活動
  3. 一筆啓上手紙コンクール後援:第9回新一筆啓上賞顕賞式

主な広報活動主な広報活動

一筆啓上手紙コンクール後援

第9回新一筆啓上賞顕賞式

顕賞式風景顕賞式風景

愛媛県立三島(みしま)高等学校書道部による書道のパフォーマンス愛媛県立三島(みしま)高等学校書道部による
書道のパフォーマンス

平成24年4月22日“日本一短い手紙”のコンクール「第9回新一筆啓上賞」顕賞式が、福井県の「坂井市丸岡体育館」にて行われました。

第9回の応募テーマは「明日」で、国内海外9カ国を含む3万5127通の作品が寄せられ、入賞作品205篇(大賞5篇、秀作10篇、住友賞20篇他)のうち、93名の受賞者が顕彰式に出席されました。
今回の特徴は、昨年3月の東日本大震災を扱った作品が多く、同震災で行方不明となった娘さんに当てた作品も大賞を受賞しました。

式典では、各作品が坂井市立丸岡中学校生徒会執行部の生徒により朗読・紹介され、大賞作品には、恒例の選考委員でシンガーソングライターの小室等氏が曲をつけ発表しました。

特に今回は同委員で作家の中山千夏氏が大賞作品からヒントを得て作詞、小室氏が作曲した「明日も公園に行こう」を弾き語りで披露しました。

また、式典の前には、隣接する別会場にて、2010年に公開された映画「書道ガールズ」のモデルとなった愛媛県立三島(みしま)高等学校書道部による書道のパフォーマンスも行われ、見学者から大きな拍手が送られました。



Get Adobe Flash Player

新一筆啓上賞「声で聞く物語」「歌で聞く物語」をご覧いただくには
Adobe Flash Playerプラグインが必要です。

第10回新一筆啓上賞のテーマは「ありがとう」に決定いたしました。
これまで「母」「家族」「夢」「涙」などいろいろなテーマを取り上げて来ましたが、実は応募総数114万作品の中で、最も多かった言葉が「ありがとう」でした。 よって、同賞が創設し20回目を迎える節目の年に当たり、「ありがとう」を新テーマとさせて頂きました。
応募〆切りは2012年10月12日(当日消印有効)です。また新しい感動に出会えることを楽しみにしたいと思います。

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.