1. ホーム
  2. 主な広報活動
  3. 一筆啓上手紙コンクール後援:第10回新一筆啓上賞顕賞式
  4. 入賞作品:住友賞

主な広報活動主な広報活動

一筆啓上手紙コンクール後援

第10回新一筆啓上賞顕賞式

入賞作品
住友賞
  • 「娘」へ
    深夜の帰宅、机の上のおむすび。
    小さな手で握ってくれたんや。
    泣けたよ。ありがとう。

    赤尾 和美(44歳 滋賀県)

  • 「娘」へ
    抱っこするたびに腕を回してくれて。
    抱き締めてもらっているのは
    ママのほうです。

    杉本 理恵(39歳 島根県)

  • 「お母さん」へ
    いもうとのだっこ、うらやましかったよ。
    きょうは、わたしでありがとう。

    よし田 ともな(7歳 福井県)

  • 「あの日の駐在さん」へ
    お金を落した道を、
    一緒に探してくれた駐在さん。
    あの夜、少年の私は警官を志ました。

    西森 茂夫(88歳 石川県)

  • 「三歳の孫達」へ
    ケンカ。大泣き。
    オモチャじゃなく
    ばあちゃんのとり合いだったとは。
    ありがとうね。

    加藤 裕子(55歳 東京都)

  • 「天国の父」へ
    「大人になるとわかる」が嫌だった
    でも、大人になって分かった
    悔しいけどありがとう

    大平 敦(41歳 宮城県)

  • 「豪州に転居した小学生の孫」へ
    来てねの手紙に単調な生活が一変し
    英語の勉強を始めたよ。
    生きがい誕生、ありがとう!

    玉井 一郎(79歳 香川県)

  • 「あなた」へ
    次の世も一緒になろう
    と言ってくれて有難う。
    お蔭で婚活の手間がはぶけました。

    荒木 順子(69歳 長崎県)

  •  
    今日、素敵な食洗機が届きました。
    私の手荒れ、気付いていないと思ってた。
    ありがとう

    管中 沙都姫(34歳 福岡県)

  • 「兄さん」へ
    まだ高一の兄さんが、
    土方でバイトして熱出して、
    買ってくれたセーラー服。
    私の宝物。

    権藤 厚子(59歳 福岡県)

  • 「三月に亡くなった実母」へ
    九十三年の人生を終えた夜。
    愚痴ばかりの娘でごめん。
    母の日、カーネーション供えるね。

    石原 文子(57歳 岐阜県)

  • 「お母さん」へ
    今日は言えたよ、
    しっかり目を見て「ありがとう」
    でもまだはずかしい。

    下川 玲布(8歳 福井県)

  • 「遠くにいる孫」へ
    メールありがとう。
    でもじいちゃん、手紙がいいな。
    文字で成長が分かるから。

    高橋 鉄巳(65歳 北海道)

  • 「お父さん」へ
    子供が成人したら
    ぜったい別れてやると思いつつ四十年
    でもよかった ありがとう

    山本 すみ子(62歳 和歌山県)

  • 「英樹」へ
    明日はテストだからと
    一晩中寝ずに看病してくれたね。
    優しいウソ、嬉しかった。

    佐藤 安子(54歳 岩手県)

  • 「誠人さんと千恵さん」へ
    何時でも「お母さん」と呼んでくれる、
    それがとっても嬉しい。
    幸せです。ありがとうね

    弘中 純子(85歳 北海道)

  • 「ママ」へ
    ママ、ありがとうって
    ひとをしあわせにする
    いちばんかんたんな
    おまじないなんだよ。

    三村 大智(6歳 神奈川県)

  • 「規行さん」へ
    ありがとうが口ぐせのような珠美。
    そこがいいと選んでくれた規行さんに、
    ありがとう。

    橋本 泰江(56歳 静岡県)

  • 「自衛隊」へ
    大きな津波とともに大きな悲しみ。
    それでも家族を見つけてくれた。
    誇りの緑服に感謝。

    曽根 奈宇美(16歳 宮城県)

  • 「母(ママ)」へ
    「ありがとう」と
    心から言える私に育ててくれて有難う。
    ママを世界一尊敬しています。

    藤山 喜佐子(48歳 神奈川県)

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.