1. ホーム
  2. 主な広報活動
  3. 一筆啓上手紙コンクール後援:第24回一筆啓上賞入賞者発表会
  4. 入賞作品:住友賞

主な広報活動主な広報活動

一筆啓上手紙コンクール後援

第24回一筆啓上賞入賞者発表会

入賞作品
住友賞
  • 「ママ」へ
    頭悪くてゴメンなさい。計算も漢字も苦手だけど、寿ね、勉強キライじゃないんだよ。

    星 寿 (福島県)

  • 「いもうとのわこ」へ
    おかあさんにおこられたら、とりあえずごめんなさいと言ったほうがいいよ。

    久保田 朔人 (8歳 福井県)

  • 「娘」へ
    娘がガンで天国へ行ってしまいます お母さんごめんなさいと言う。私こそごめんなさい。

    中村 重子 (63歳 栃木県)

  • 「ママ」へ
    てづくりのコロッケおいしいよ。だけどおみせでかうママみてしまったごめんなさい。

    小川 桃果 (6歳 千葉県)

  • 「父さん」へ
    あなたが息を引き取った瞬間まで言えなかったことを許して下さい。「父さん、大好き。」

    辻村 有梨沙 (17歳 長崎県)

  • 「最愛の母」へ
    「長生きして面倒見てあげる。」って私のいうべき言葉だよ。病気になってごめんなさい。

    太田 浪恵 (48歳 新潟県)

  • 「パパ」へ
    おねがいごとがあるときだけ「チュー」してごめんね

    渡辺 瑠巴 (8歳 山口県)

  • 「あなた(主人)」へ
    「出かけるぞ早う化粧せんか」ってごめんなさいお化粧してこの顔なんだけど。

    井上 美津江 (72歳 福岡県)

  • 「お父さん」へ
    「今までありがとう。」言えばもう逝くようで言えなかったの。お父さん、ごめんなさい。

    難波 みゆき (46歳 岡山県)

  • 「旦那」へ
    約束の三年間、後追うことばかり考えてた。今は迎えに来ても逝かないよ。

    山﨑 久子 (51歳 群馬県)

  • 「母」へ
    「お水、ちょうだい」母さんの最後の言葉。私、カラダが動かなかった、ごめんなさい。

    天野 ひろみ (60歳 沖縄県)

  • 「閻魔大王様」へ
    ごめんなさい。到着が少々遅れます。まだ九十三歳。至極(しごく)、元気です。

    中村 達夫 (福井県)

  • 「四才と七才の娘」へ
    寝顔に「怒りすぎてごめん。」ってチュ。でも朝がくるとまた角がはえてくるんだよねえ。

    石丸 裕子 (42歳 岐阜県)

  • 「ママ」へ
    たなばたで、ママがおこらないようにおねがいしたの。ないしょにしてごめんね。

    竹澤 泰樹 (5歳 福井県)

  • 「おかあさん」へ
    いつも、たべるのがおそくて、ごめんなさい。だって~おしゃべりしたいんだもん。

    あさの はるき (6歳 佐賀県)

  • 「お父さん」へ
    余命少ない父が今日は体調が悪いと言う。背を撫で雪のせいだよと私。嘘ついてごめん。

    佐藤 奈己 (長野県)

  • 「お父さん」へ
    私を忘れた父に会うのがつらかった。だからいつも眠る父に話しかけてた。ごめんね。

    伊藤 裕子 (47歳 三重県)

  • 「夫」へ
    「九州男児じゃ」が口癖のあなた。土下座して泣いて謝った事は黙っておいてあげます。

    福永 房世 (53歳 鹿児島県)

  • 「じいちゃん」へ
    「返事しろ」っていつも私に言ったよね じいちゃん返事してや聞こえんわ

    刀祢 紗也子 (12歳 福井県)

  • 「結婚20年目の主人」へ
    初デートの時のお弁当作ったのは母でした。料理上手のふりしてごめん!

    原田 優美子 (41歳 石川県)

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.