1. ホーム
  2. 住友の社会・文化貢献事業:皇居前広場の楠公銅像を献納

住友の社会・文化貢献事業住友の社会・文化貢献事業

皇居前広場の楠公銅像を献納

楠公(なんこう)銅像楠公(なんこう)銅像

皇居外苑の一角に楠木正成(くすのきまさしげ)の騎馬銅像がそびえています。明治23年(1890年)の別子銅山200年祭を記念して、住友が献納したものです。

正成の体格容貌をどうするか、馬はどの産地の特長をもたせるか、などの考証に苦労しました。

さらに、当時の日本にはこれほど大きく、いろいろな付属品のある銅像を鋳造する技術は無く、アメリカまで出張して大作を見物し「分解鋳造」の方法を悟ったなどのエピソードもあり、完成建立は明治33年(1900年)でした。

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.