「移し植ゑし落葉松(からまつ)ここに黄葉(もみじ)して かく美(うる)はしき樹林と成りぬ」

  • # 住友家
  • # CSR
新居浜市のフォレスターハウスに、この歌の歌碑が建っている。ここは別子で最初に植林事業を始めた場所だ。
写真提供:住友林業株式会社

「この銅山を神とし仰ぎ幾代かも掘りつぎて来しことの畏こさ」と同じく、友成が別子銅山閉山の際に詠んだ16首のうちの一首。

銅山の事業開始とともに、周囲の木々は坑木や製錬用の木炭として使われ、みるみるうちに山は荒廃していった。初代総理事・広瀬宰平はこれを憂い、明治元年頃から植林を試みたが、本格的に始まったのは後の二代目総理事・伊庭貞剛が別子支配人に就任した明治20年代後半からだった。新たに山林課(後の住友林業)を設け、植林事業に専念する体制を作った。

ところが、全国各地から樹木を集めて植えてみたものの、標高が高い荒地のためうまく育たない。唯一、根付いたのが信州地方から取り寄せた落葉松だった。

歴代当主の中でも特に頻繁に別子を訪れた友成は、昭和16(1941)年の訪問の際、まだ荒れ果てたままの山々を見て、いたく気に掛けていた。しかしその31年後、昭和47(1972)年秋に訪問した際、鮮やかに紅葉する唐松林を目にしてこの句を読んだのだ。自然を取り戻した山を目の当たりにした感動と、長期にわたる植林事業が成功したことへの感慨が、この歌から読み取ることができる。

PageTop