1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち:広瀬宰平 その三 4

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち

広瀬宰平 その三 4

文・末岡照啓

新居浜広瀬邸の望煙楼

望煙楼宰平が眺望を楽しんでいた旧広瀬邸2階の望煙楼。
漢詩「望煙楼」が床の間に見える。
撮影 普後 均

現在、愛媛県新居浜市の高台に広瀬邸が市立公園として残っている。その母屋二階を宰平は望煙楼(ぼうえんろう)と名づけたが、そこからは新居浜市街と瀬戸内海を一望することができる。眼下の惣開には、宰平が別子開坑200年を記念して建立した石碑が残っており、工場群誕生の由来を刻んでいる。いわば近代住友グループ発祥の記念碑なのである。
今からおよそ100年前、宰平は発展する町を眺めながら「望煙楼」と題する漢詩を詠んだ。高く一楼を築きて子孫に遺す、鉱山とともに末永く存続してほしい、この楼閣から煙たなびく景色を見て、ただ愛でるだけではいけない、その発展を長年支え続けた別子の恩にどうか報いてほしい・・・。今日的意味で解釈すると、冒頭の「子孫に遺す」の子孫とは、この町の人々であり、ここから世界に羽ばたいた住友グループの社員ということになろう。
昭和48(1973)年、別子の山は永遠の眠りについたが、近代化の苦闘を物語る遺跡は、現在もここかしこに残っている。宰平は、この望煙楼を通じて、発展と繁栄のルーツが別子の山にあることを忘れないでほしいと、私たちに語りかけているのである。

新居浜市 広瀬歴史記念館

広瀬宰平についてさらにくわしくお知りになりたい方は、新居浜市広瀬歴史記念館へどうぞ。

所在地 〒792-0046
愛媛県 新居浜市上原2-10-42
電 話 0897-40-6333
開館時間 9時30分から17時30分
休館日 月曜日
祝日の翌日(日曜日を除く)
年末年始
観覧料 一般520円
小中学生260円
(団体割引あり)

広瀬歴史記念館新居浜市広瀬歴史記念館。
旧広瀬邸もこのなかにある。
写真提供 新居浜市 広瀬歴史記念館

BACKTOPNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.