1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち:伊庭貞剛 その一 2

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち

伊庭貞剛 その一 2

文・末岡照啓

別子鉱山への単身赴任

明治12(1879)年5月1日、伊庭は大阪本店支配人に就任し、宰平の片腕として住友家の事業や、財界活動に活躍していたが、明治二26(1893)年5月頃から新居浜では、製錬所の亜硫酸ガスが農作物を枯らす煙害が発生し、同年九月には農民暴動となる。広瀬宰平の進退問題とも絡んで、別子の騒動は暗雲を呈していた。
明治27(1894)年7月4日、単身別子支配人として赴任した伊庭は、別子の内憂外患の原因が、重役と職員、職員と稼ぎ人同士、はては会社と農民の意思の疎通を欠いた人心の荒廃にあると看破した。そのとき伊庭は、ただ銅山へ登ったり降りたりして、親しく稼ぎ人に声をかけるのみであったが、これも殺伐とした人間関係を和らげるには、経営トップ自らが現場へ出向いて、対話する必要性を感じていたからである。当時の一般常識から見れば、愚かに見えたかもしれないが、伊庭は親友品川弥二郎宛の書状で、「小生は馬鹿な仕事がすきなり」とあえて言い放っている。馬鹿に見える仕事こそ、時と場合によっては重要であると達観していたのである。この伊庭の態度に感化されて、さしもの別子騒動も、次第に静まりを見せていった。

四阪島への製錬所移転

また伊庭は、荒廃した別子の山々を見て、「別子全山を旧(もと)のあをあをとした姿にして、之を大自然にかへさねばならない」と、山林保護の方針を立てた。まず、亜硫酸ガス発生の原因となる別子山中での焼鉱や製錬を止め、早急に薪炭を石炭燃料に代替しなければならない。しかしそうすれば、新居浜の惣開(そうびらき)製錬所を拡張する必要が生じ、平野部での被害が深刻化する。かといって、このまま何もしなければ、別子の山も新居浜も煙害によって人心ともども荒廃してしまう。補償や慰撫といった手段では根本的解決にはならない。まして大自然はそのようなことでは復旧しないと判断した伊庭は、山でも平野でもない、その影響の最も少ないところに製錬所を移す決断を下すことになる。

四阪工場現在も四阪工場は稼働している。
写真提供 普後 均

別子山への植林本数の変化
伊庭貞剛は荒れ果てた別子の山々をもとの自然の状態に戻すため、それまで毎年6万本に満たなかった植林本数を、一気に毎年100万本台へと増やしていった。また彼は、専門技術者を招いて森林計画を作成、実施した。現在の別子における豊かな自然は、この計画が基盤となっている。
1877年(明治10)年 27,560
1878年(明治11)年 238,801
1879年(明治12)年 220,211
1880年(明治13)年 52,195
1881年(明治14)年 123,396
1882年(明治15)年 20,888
1883年(明治16)年 64,528
1884年(明治17)年 35,113
1885年(明治18)年 23,610
1886年(明治19)年 80,166
1887年(明治20)年 77,064
1888年(明治21)年 82,350
1889年(明治22)年 41,500
1890年(明治23)年 41,800
1891年(明治24)年 26,800
1892年(明治25)年 61,620
1893年(明治26)年 32,520
1894
伊庭貞剛、別子に支配人として赴任
1894年(明治27)年 117,150
1895年(明治28)年 275,000
1896年(明治29)年 406,200
1897年(明治30)年 1,217,001
1898年(明治31)年 1,353,605
1899
伊庭貞剛、
住友本店に帰任
1899年(明治32)年 1,450,930
1900年(明治33)年 不明
1901年(明治34)年 2,270,000
1902年(明治35)年 1,941,267
1903年(明治36)年 2,454,330
1904年(明治37)年 2,194,104
1905年(明治38)年 2,439,945
1906年(明治39)年 1,969,469
1907年(明治40)年 2,051,195
1908年(明治41)年 2,484,500
1909年(明治42)年 1,784,292
1910年(明治43)年 1,521,428
1911年(明治44)年 1,552,162
1912年(大正)年 1,640,754
1913年(大正2)年 1,233,140
1914年(大正3)年 1,181,516
1915年(大正4)年 1,286,566
1916年(大正5)年 918,482
1917年(大正6)年 976,026
1918年(大正7)年 922,186
1919年(大正8)年 620,107
1920年(大正9)年 739,803

BACKTOPNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.