1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち:鈴木馬左也 その二 2

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち

鈴木馬左也 その二 2

文・末岡照啓

人材の育成

鈴木馬左也書状鈴木馬左也書状(大正5年11月15日)
小畑は、この書状を額装し、自宅の書斎に掲げ、
鈴木の徳を偲んだという。

鈴木は、住友の新入社員をすべて本店の一括採用とし、本人の希望等を勘案して別子・伸銅・鋳鋼・電線製造所・肥料製造所・銀行などの各店部に配属した。そのため、本店であろうとどの店部であろうと待遇は同一であった。
大正7年(1918)11月、鈴木は大阪鰻谷の旧住友本邸跡に「寧静寮」という新入社員の独身寮を建てた。寮名は鈴木の命名で、『三国志』の「寧静に非ざれは以て遠きを致すなし」による。将来を託す人材育成に思いを致したのである。鈴木は、つねづね「実業というものを、如何にして国家の為、人類の為に経営していくべきか」について考慮し、そのためには、将来を託す若い人材を集め、その能力を十分に発揮させる必要を感じていた。自分の思いを伝えるため、たびたび寮に宿泊して訓示し、若い人材と忌憚なく語り合った。

寧静寮にて寮員と共に寧静寮にて寮員と共に(大正8年3月) 前列中央 帽子の人物が鈴木
写真提供 住友史料館

学生を住友に紹介した東京帝大教授の新渡戸稲造(にとべ いなぞう)は、そのような鈴木馬左也について「日本の実業家に珍しい人物がある。それは大阪の住友家の総理事をして居る鈴木馬左也と言う人で、実業界にもこの様な人物が居る事は、日本の為に非常に喜ぶべき事である」と述べている。

BACKTOPNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.