1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち:湯川寛吉 3

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち

湯川寛吉 3

文・末岡照啓

総理事就任

大正14年(1925)10月1日、住友5代目総理事に就任した湯川寛吉は、翌年(昭和2年)5月の主管者(重役)会議において「住友家ノ新事業ニ対スル態度ハ、慎重熟慮ヲソノ標語トシマスガ、(中略)在来ノ事業ニ対スル改良進歩ヲハカルト共ニ、堅実有利ナル新事業ニツキ、常ニ進言ヲ怠ラレナイ様、切ニ希望シマス」と所信を表明した。
昭和2年7月、初代総理事広瀬宰平が住友家法で「我一家ノ財本」と規定した別子鉱業所を住友合資会社の直営から分離し、本社傘下の連系会社に置いた。併せて同3年6月公布の社則では、「営業ノ要旨」から別子鉱山の条文を削除した。湯川は、「時勢の変遷、理財の得失を計りてこれを興廃」するという住友精神に則り、住友を産銅資本から三井・三菱に匹敵するような総合企業に飛躍させようとしたのである。
こうして住友は、海上火災・信託・生命・倉庫・銀行・大阪北港・ビルデイング・林業所・鉱山・炭鉱・伸銅鋼管・製鋼所・電線製造所・日本電気・肥料製造所・日本板硝子の連系各社を擁するに至った。その時も、湯川は「住友ハ営利会社デアルガ、同時ニ国家社会ノタメニツクスコトガ住友ノ伝統」であると訓示することを忘れなかった。
湯川の新入社員面接は、実にユニークであった。学生が青臭い書生論をふっかけてきても、真剣に議論を交わし、またある時には涙をためながら体験談で諭したこともあった。そんな総理事を、学生は「わが国の実業界にもこんな人があるのかと驚嘆」し、慈父のように感じたという。湯川は一学生でも軽く扱わない至誠の人であった。湯川の篤実・円満な人格と視野の広さは、南紀新宮の温暖な気候と、眼前に広がる太平洋が育んだものであろう。
家庭的には、先妻と後妻に先立たれ薄幸であったが、7人の子宝に恵まれた。趣味のゴルフは健康のため終生愉しんだ。

住友社則制定の通知 住友社則制定の通知(昭和
3年6月14日)
住友史料館提供
この社則によって、「営業ノ
要旨」から別子鉱山の条文
が削除された。時勢の変遷
に伴い、事業の多角化が
宣言されたのである。

住友営業所所在地図
住友営業所所在地図(昭和4年)
住友史料館提供
住友の事業が多方面に、海外まで発展している状況を示す。

天恩に感謝す

晩年の湯川総理事
晩年の湯川総理事
住友史料館提供
温厚・篤実さがにじむ。
晩年の湯川は、大正14
年茨木C.Cを設立する
など、関西ゴルフ界の
草分け的存在であった。

湯川寛吉の墓所
湯川寛吉の墓所
東京台東区の谷中墓地に
家族と共に眠る(日暮里駅
からの坂道を登ると、道路
の右手、天王寺門前にある)。

昭和3年(1928)5月、湯川は停年60歳を迎えたが、若い16代家長友成(ともなり)の後見人として停年が3年間延長された。昭和5年8月、湯川は家長友成が「正義に立ち、世道人心を新にせんとせられるのは、真に神恵と思う」と立派に成長されたので、任期延長を満たさず総理事を辞職した。引退後は、幅広い知見と円満な性格から、相談役として、また貴族院議員として、大阪財界に重きを置いた。ところが翌6年8月23日、インフルエンザによる肺炎により64歳で急逝した。同月25日、大阪阿倍野斎場での社葬は、故人の遺志により清楚質朴に執り行われた。
16代友成は、その弔辞のなかで「本社ノ根本方針ニ據リテ営業ノ確実ヲ図ルト共ニ、時勢ノ進運ニ着眼シテ、併セテ之レカ改善ヲ計レリ、蓋(けだ)シ我住友家ヲシテ重キヲ中外ニ至ラシメタルモノ、君ノ鞠躬尽瘁(きっきゅうじんすい)ニ負フ所、極メテ大ナリトス」と衷心から感謝した。
法名は梅岳院直心寛雄居士、荼毘に付された遺骨は、東京谷中の湯川家墓地に葬られた。住友でなすべき理想を達成できた湯川の辞世は、「湯川寛吉天恩に感謝す」であった。

BACKTOPNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.