1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち:小倉正恆 1

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友人物列伝:総理事と呼ばれた人たち

小倉正恆 1

文・末岡照啓

はじめに

昭和16年(1941)7月5日、琵琶湖の東、滋賀県蒲生郡西宿村(現、近江八幡市)を一人の紳士が訪れた。同年4月住友6代総理事を辞め、第三次近衛内閣の大蔵大臣に就任した小倉正恆である。天下の大臣が、なぜこんな田舎に訪れたのかと村人はいぶかったが、それは住友2代総理事伊庭貞剛の墓前に大臣就任を報告するためであった。
明治32年(1899)5月、24歳で官吏を辞め住友に入社した小倉は、翌年3月の欧米出張に際し、総理事伊庭貞剛から「住友は単に住友の為めに君を洋行させるのではない。広く世の中の為めにあれかしと希望しているからである。帰ってから住友以外でやった方が良いと思ふならば、住友を辞めて外に行ってやってよろしい」という言葉を贈られた。あれから42年、恩人の墓前にぬかずき感謝せずにはいられなかった。

小倉正恆扁額「敬和」小倉正恆扁額「敬和」(若宮神社所蔵)
近江八幡の若宮神社に奉納。若宮神社は伊庭家の氏神であり、
西宿の屋敷跡に隣接している。

生い立ち

明治8年(1875)3月22日、小倉正恆は石川県金沢市の城下「大衆免(だいじゅめ)」で、父正路・母琴の4人兄弟(姉・弟・妹)の長男として生まれた。小倉家は代々金沢藩(前田家 100万石)の大身西尾家(4000石)に仕え、家老職にもなったが、平常は藩主に拝謁できない陪臣であった。
明治10年3月、父正路は石川県小松区の裁判所勤務となり、2歳の正恆は祖父母と共に金沢の実家に残り、祖父永政から漢籍の薫陶を毎日受けた。これが後年、正恆が漢詩・漢文学を得意とし、中国の要人と懇親を深めた素地となった。13年金沢養成小学校(現、馬場小学校)に入学すると、同級生に泉鏡花・徳田秋聲があり、大いに文学に熱中した。数学が苦手だった正恆だが、努力して金沢第四高等中学校に入り、27年東京帝国大学法科へ進んだ。
そんな正恆の愛読書は司馬遷の『史記』であった。中国の壮大な歴史書にふれた正恆は、「司馬遷が言っておるのですが、霊山大川、偉い人に会うということが人間を作る」と語り、東京へ出てからは精力的に名士を訪問した。

金沢城跡金沢城跡
金沢は前田家100万石の城下町であった。

小倉正恆の生家跡と浅野川小倉正恆の生家跡と浅野川
小倉の生家は浅野川の右岸、大衆免(現、金沢市森山1丁目)にあった。
写真手前の2軒分が生家跡で、近の馬場小学校には同級生の泉鏡花
や徳田秋聲の歌碑が残されている。

年表

BACKTOPNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.