住友の風景

「住友の風景」では、住友グループゆかりの建築物を紹介しています。
「建築は施主の人格なり」と言われ、建物には、施主の哲学や趣向が色濃く表れます。
住友の風景で取り上げた建築物は、いずれも歴代の住友のリーダーらが施主として関わり、当時最先端の知識と優れた技術を持つ建築家たちによって建てられました。
そこには、少なからず施主が思い描いた住友の理想を見ることができます。
なお、日本を代表する産業遺産で元禄時代の1691年から住友家が経営を続けた別子銅山についても、詳しく紹介しています。

PageTop