1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友「歴史探訪」
  3. 第5回 大阪編 その1

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友「歴史探訪」

第5回 大阪編 その1  大阪への第一歩を踏み出した二代目・友以とは…第5回 大阪編 その1 大阪への第一歩を踏み出した二代目・友以とは…

二代目・友以(とももち)といえば、宗教家で商人の心得を遺し住友の事業精神を説いた初代・政友を義父に。そして実父に、わが国に初めて「南蛮吹」の銅精錬技術をもたらした蘇我理右衛門を持つエリートとして育った。 二人の偉大な父を師と仰ぎ、京から大阪へ大きく舵取りを変えて、近世住友の基盤を形成した人物といえる。

これまで「歴史探訪」の中で、宗教家、思想家を貫いた初代・政友や、銅精錬のパイオニア、蘇我理右衛門の人物像などに触れてきた。いずれも住友という企業に留まらず、日本という国の国民史の一ページを飾るに相応しい希代な人物であったといえるだろう。

理右衛門は大阪(一説には泉州堺)で生まれる。一五九〇年(天正十八)、わずか十九歳の若さで“上洛”。現在の京都鴨川に架かる五条大橋の近く、寺町松原下ル西側に、銅の精錬と銅細工を事業とする屋号「泉屋」を起こした。
同時期は、秀吉が悲願の天下統一を成し遂げた頃と重なり、京都の町は、今の短冊型の街区に変わるなど都市改造の真っ只中、人口も増えて活気に溢れた。高い技術を身につけていた理右衛門は、「南蛮吹き」の新技術をもとに、秀吉の推し進める新都市造りに、壮大な夢を託していたに違いない。

友以は、そんな二人を後ろ盾にするかのように、慶長十二年(一六〇七)京都に生まれた。この時、父 理右衛門は三十四歳で、世は秀吉が推し進める都市改造の真っ只中。人口も三倍の三万人膨れ上がり、好景気に沸き返っていた頃だった。
理右衛門は長男 友以に、物心がついた頃から家伝の「南蛮吹き」の技術を教え込んだ。跡継ぎとしての期待と夢を膨らませていたに違いない。また義父・政友にしても、住友二代目に相応しい教養と精神、信仰の心を説いたと推察できる。
こうして幼少の頃から英才教育をほどこされた友以の成長は著しく、住友政友の養子になると、京都三条孫橋町(京阪三条駅付近)に分家して、銅精錬と銅製品販売の店を開業し、「泉屋住友家」を興した。
政友や理右衛門らの英知を授けられた友以は、家業を伸ばすために港のない京都から、水運に適した大阪への進出を実現した。
銅の運搬が船で出来る。精錬には大量の水が必要ー。
そして何よりも海に向かって開かれている港があり、交易も視野に入れた遠大な事業計画が立てられたはずである。
元和九年(1623年)、友以十七歳の時、その第一歩が踏み出され、事業を京都から大阪の内淡路町(東横堀川に架かる平野橋東付近)に移したのである。

大阪 銅吹き所あと

振り返ると、大阪出身の父理衛門が京都に出て、銅精錬業を起こしたのが十九歳。秀吉の都市改造が始まった時期である。
息子の友以も二歳若い十七歳で新しい大阪という都市の真ん中に飛び込んだ。“蛙の子は蛙”ではないが、“時流”を読み、それに乗りながら事業拡大をはかるという才覚は、幼少期に叩き込まれた英才教育のたまものかもしれない。

政友の涅槃宗の信者は、長崎異国警固役の武士など北九州に広く分布しており、友以にもその関係から海外情報がもたらされた可能性が高く、銅貿易が国内以上に期待できるとして、長崎出島のオランダ商館を通じて、早くから海外との銅取引を始めている。

一方では、政友の影響を受け、仏教への信仰が厚く、嵯峨野・清凉寺本堂の建立や、自筆の紺地金泥の法華経を遺した友以である。

BACK住友「歴史探訪」トップに戻るNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.