1. ホーム
  2. 住友の歴史と事業精神:住友「歴史探訪」
  3. 第10回 新居浜編 その4

住友の歴史と事業精神住友の歴史と事業精神

住友「歴史探訪」

第10回 新居浜編 その4 初代総理事 広瀬宰平のロマンと意地第10回 新居浜編 その4 初代総理事 広瀬宰平のロマンと意地


わが国最初の沈殿銅

トランシット

“住友中興の元勲”とも称された広瀬宰平は、前号でもお伝えしたが、別子銅山の経営の近代化をはかり続けた。 明治五年には別子銅山用物資と産銅の輸送を目的に、木製の小蒸気船(五四トン)を英国から購入。また採鉱にダイナマイト工法を採用したり、銅製錬にコークスを導入。さらに蒸気機関、削岩機、砕鉱機、巻楊機などの新しい機械を積極的に取り入れた。別子銅山で行った事業開発を紹介したら数限りないものがある。
それらによって明治初年に四二〇トンだった産銅高が、十五年後には一八〇〇トンと四倍余に達し、閉山までの二百八十三年間の出鉱量は推定三千万トン。そこから生み出された銅は六十五万トンと言われる。

だが、広瀬にとって捨てきれない夢があった。
別子銅山には「三角(みすま)の富鉱帯」と呼ばれる大鉱脈がある。別子の歓喜・歓東坑から三百五十メートルほどの下部に、別子の中で価値の高い、良質な銅鉱石が眠ったままになっている。嘉永七年(1854)の大地震で水没した所だが、その「三角」の湧水を排出すれば、良質の銅が採れることを広瀬は知り尽くしていた。
そして、この「三角」の鉱脈を掘り起こしてこそ“別子銅山真の頂点”を極めたことになるというロマンにも似た思いを抱いていた。だからこそ、維新の動乱期に官軍の接収に応じず、住友家の内部で沸き起こった“別子売却”にも猛反対。さらに事業資金が不足した時は、別子銅山だけに通用する「山銀札(やまぎんさつ)」をつくり、山で働く人々の紙幣の代わりに仕立てた。
これらのすべては広瀬が「三角の富鉱帯」とその価値を認識しての“こだわり”と、住友の事業家としてのプライドと意地があったからだろう。

さく岩機

白水丸

しかし、皮肉なことに「三角」の排水工事は難航を極めようやく完成したのは、広瀬が住友総理人を辞任し、六十七歳で実業界から引退した翌年の明治二十八年だった。その時の喜びようは、飛び上がるほどの歓喜だったという。
そしてすぐさま、別子銅山の関係者宛に手紙を書いた。「此遠図ノ大事業、到底我生前ニ此峻可ヲ見ル能ハザラント覚悟セシニ(中略)・・・」(明治二十八年三月十日)
手紙のほんの一部だが、工事の完成が国家のためになるという、年来の主張が盛り込まれ、最後には別子の「老坑夫頭」がまだ生きていたなら、現在の「坑夫頭」とともによろしく伝えてほしいと、感謝の念を書き添えられている。

広瀬宰平が「五十七年、夢の飛ぶがごとし」と言い、半世紀以上をかけて守り続けた別子銅山。大正三年一月、八七歳で永眠するまで壮大な「宝の山」の山並みを思い描いていたに違いない。
広瀬総理事が常に口にしていた公私一如、堅実を旨とする住友精神は、武士出身で甥の伊庭貞剛(二代目総理事)によって継承され、後世に向けた揺ぎ無い住友グループの基盤が築かれていく。

BACK住友「歴史探訪」トップに戻るNEXT

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.