文殊院旨意書

文殊院旨意書文殊院旨意書

文殊院旨意書(もんじゅいんしいがき)

住友家初代・住友政友(涅槃宗に帰依し文殊院の称号を得た・1585~1652)が晩年に家人の勘十郎に宛てた書状
商人の心得を簡潔に説いたもので、仏教の教えを基に、政友の処世観が表れている。住友精神の原点。 前文に「商事は不及言候へ共万事情に可被入候」とあり、何事も粗略にせず、心をこめて丁寧慎重に取り扱うよう説いています。

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)