泉屋の屋号の由来

確かな史料は無く、次のような諸説があります。

  1. 蘇我理右衛門が信仰していた五条天神が夢枕に立ち、「子孫繁昌を願うならば、 センという字をつけよ」とのお告げを受け、「泉」の字を当てた。
  2. 南蛮吹きを教わった外国商人の名が白水(はくすい)といったので、二字を合わせて「泉屋」とした。
  3. 理右衛門の祖先の出身地が泉州であり(確証はない)、泉州と深い関係があったことから「泉」をとった。

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)