蘇我理右衛門

大坂の銅吹き所には外国人も訪れた大坂の銅吹き所には外国人も訪れた

シーボルトの名も見えるシーボルトの名も見える

蘇我理右衛門(そがりえもん)
(1572年~1636年)

蘇我理右衛門は、歳若くして銅吹き(銅精錬)、銅細工の技術を堺で習得し、天正18年(1590年)、19歳で京都寺町五条に銅吹きと銅細工の店を開業、「泉屋」と称しました。
理右衛門は、政友の姉と結婚しますが、一家をあげて熱心な涅槃宗の信者で、政友の門弟でありました。

当時、わが国の銅吹き技術は未熟で、粗銅に含まれる銀を抜き出せないままに輸出され、外国商人をいたずらに儲けさせていました。
理右衛門は、南蛮人(ヨーロッパ人)に鉛を使って銀と銅の吹き分けが出来る原理を聞き、苦心の末、新技術「南蛮吹き」を完成させました。慶長年間(1596~1615)の頃と言われます。これにより泉屋は大いに栄え、銅業界での地位も高まります。京都東山の方廣寺の大仏(現存せず)や大坂冬の陣の原因とされる「国家安康 君臣豊楽」の銘文のある大梵鐘の銅も、大部分は理右衛門が奉納したと言われています。

輸出用の棹銅輸出用の棹銅

後に、実子住友友以(とももち)(政友の娘婿として住友家に入る)と図って大坂に進出した理右衛門は、南蛮吹きの技術を公開しました。以後大坂は日本の銅精錬の中心地となり、友以の泉屋は貿易商・両替商・銅山経営にまで手を広げ、「大坂に比肩する者なし」と言われるほどに栄えました。
寛永13年(1636年)理右衛門は65歳で没。京都五条高倉の浄運院に葬られています。

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)