明治以後

明治維新の混乱期を別子銅山支配人であった広瀬宰平(後に初代の総理事になる)らの勇気ある行動で乗り切った別子銅山はいち早く外国の技術や機材を導入して生産高も飛躍的に伸びます。

台風による大災害や、銅製錬に伴う煙害など、しばしば苦境にも見まわれますが、その都度粘り強く解決しました。

別子銅山図版画開坑200年記念(1890年)に描かれた

住友総本店大阪北浜の住友総本店・明治41年完成

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)