近代企業の発展

西洋の技術を導入した結果、銅の生産量が伸び、さらに関連する新しい事業が次々と誕生し、発展していきました。
その主なものを挙げますと

白水丸イギリスから購入した蒸気船・白水丸

また、大阪で営まれていた並合(なみあい)業と呼ばれる金融業が銀行へと発展、その一部門であった倉庫業が独立しました。こうして、住友は鉱工業、金融業の二大部門を中心とする近代的な財閥として発展していきました。

CLOSE

Copyright (C) 住友グループ広報委員会(転載・複製を禁ずる)