SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

三井住友海上火災保険社会科見学一覧にもどる

自動車保険について調べてきたよ

交通事故を起こすとどうなるの?

交通事故を起こしてしまった運転手はどうなるんだろう? 被害者が亡くなったり、ケガをしたような場合だよ。交通事故は悲しい出来事だけど、普段からちゃんと考えておかなければいけないよね。ぼくたちも18歳になったら運転免許が取れるんだから。
交通事故を起こした場合、「自動車運転過失致死傷罪」となり、罪が問われることになるんだ。免許証の取り消しや停止、反則金などを支払わなければいけなくなるんだ。
ケガをした人を見舞いにいかなければいけないのは当然のこと。入院や薬の費用、働けない間の休業損害などを負担しなければならないんだ。大変だよね。

みんなのために自動車保険に入るんだよ

車を運転するということは、自分の命に責任を持つと同時に他人の命もあずかるということなんだ。だから、自分は運転が上手だから大丈夫だと油断してはダメ。事故はいつどこで起こるかだれにもわからないんだから。
自動車保険に入ることは、他人のためでもあり、自分のためでもあるんだね。
自動車保険に入っておけば、いざというときに保険金が出るんだ。ケガをした人の治療費や働けない間の休業損害などを補償して助けることができる。もしも入っていなかったら、ケガをした人の治療費も払えないよ。だから自動車保険に入っておくんだね。つまり、自動車保険は、車を運転する人にとって、絶対に必要なものなんだよ。

エコを考えた保険というのもあるんだよ

自動車保険といってもいろんな種類があるんだ。かけ金によって、事故のときの保険金の額がちがってくるし、必要に応じて増やすこともできるし減らすこともできるんだ。相手の車を壊してしまったときの修理代だけでなく、自分の車の修理代も補償することができるんだ。
なかにはエコを考えた保険もあって、環境にやさしい最新の基準を満たす新車に乗っている人には特別にかけ金が安くなるといったこともあるんだ。損害保険会社が、環境にやさしい車の普及に役立っているんだね。
三井住友海上火災保険(株)は、そんなエコを考えた保険にも取り組んでいるんだよ。

このページのトップへ