SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

三井住友海上火災保険社会科見学一覧にもどる

損害保険ってなんだろう?

火災保険(かさいほけん)も損害保険(そんがいほけん)のひとつなんだ

想像してみてほしいんだ。君の家が火事になって燃えてなくなってしまったときのことを。大変だよね。どうする? まず新たに住むところを探さなければいけないよね。食事をするにしても、食器や冷蔵庫も焼けてしまったんだ。困るよね。
とりあえず、ホテルに泊まるとしても、新しい家を建てるにしてもまとまった資金が必要だ。そんな困ったときに頼りになるのが、損害保険なんだ。こういうときのために、保険に入っておけば、もしもの事故に備えることができるんだ。
火事が起きても火災保険に入っておけば大丈夫、安心なんだ。

相互扶助(そうごふじょ)の精神(せいしん)でできあがっているんだよ

いざというときのために貯金していたとするよね。毎月1万円ずつ貯金すると1年間に12万円だよね。でも、火事で家がなくなった場合、12万円じゃ足りないよね。建てかえることもできないし、家具や道具を買いそろえることもできない。でも、火災保険に入っていると、火事になっても、困ることがないんだ。
いったいどういうしくみになっているんだろうね。
これは、普段から多くの人がお金を出しあい、仲間の誰かが困ったときに助けてあげようという考え方なんだ。これを「相互扶助の精神」というんだよ。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という言葉が損害保険の仕組みをうまくあらわしているよね。

福沢諭吉(ふくさわゆきち)がはじめて日本で損害保険(そんがいほけん)を紹介(しょうかい)した

1万円札でおなじみの福沢諭吉は、日本の損害保険と深いかかわりがあるんだ。1867年に諭吉が書いた『西洋旅案内』で、西洋には火事にあった人や海で遭難した人を助ける制度があるということを紹介しているんだよ。そこから日本に損害保険を取り扱う会社が誕生したんだ。
いまでは、火事や海の遭難だけでなく、自動車事故や、地震で家が壊れたときのための保険や、スポーツやレジャーでケガをしたときのための保険など、いろんな種類の損害保険があるんだよ。

三井住友海上火災保険ホームページ

三井住友海上火災保険(株)は、グローバルな保険・金融事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます。

このページのトップへ