SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

日本板硝子社会科見学一覧にもどる

自動車のガラスについて調べてきたよ

フロントガラスに使われる合せガラス

自動車のフロントガラスは、われても破片(はへん)が飛び散らないって知ってた?コップなどがわれるとガラスの破片がとがっているよね。それにさわると手が切れて血が出たりする。車のフロントガラスは破片で怪我(けが)をしないようにできているんだ。 
これは「合せガラス」といって、2枚のガラスを合わせて、その間に特別なフィルムがはさんであるんだ。われたガラスが飛び散らないために工夫されたものなんだよ。自動車事故が起きると運転手は前に投げ出されるよね。そのとき、フロントガラスがわれることで、衝撃(しょうげき)をやわらげることができるんだ。だから、ガラスがわれることも大事なんだね。 
ガラスがわれても、特別なフィルムが間にはさんであるおかげで、運転手のケガが少なくてすむというわけなんだ。フロントガラスにはそんな工夫がされているんだね。 

自動車ガラスにはいろんな種類のガラスがあるんだよ

雨の日に車に乗ると、ワイパーを動かしても前がよく見えなかったり、ドアガラスに水滴(すいてき)が付いて、ドアミラーがよく見えないことがあるんだ。歩行者や他の車が見えないと危険だよね。
そんな問題を解決してくれるガラスがあるんだ。撥水性(はっすいせい)ガラスというんだ。このガラスは、水をはじくという性質(せいしつ)をもっているんだよ。だから、雨が降ってきても水がガラスについたりしないから、目の前がクリアに見えるんだ。さらに、車にはねた泥水(どろみず)もすぐに落ちるし、よごれもつきにくいんだ。素敵(すてき)なガラスだろ。
車の中でテレビを見たり、ラジオをきいたり、リモコンでドアを開閉(かいへい)したりできるように、アンテナの機能を持ったアンテナガラスも使われているよ。
その他、くもりを防ぐガラス、氷や雪がつきにくいガラス、われるのに時間がかかる防犯(ぼうはん)ガラスなど、車にはいろんな種類のガラスが使われているんだよ。

ガラスが省エネに役立っているんだよ

夏のドライブはエアコンを「強」にして走るよね。車のなかは40度をこえる暑さだからね。でも、車のエアコンを「強」のままで走るとガソリンをよけいに使ってしまうんだ。ガソリンがたくさん使われるから、そのぶん排気(はいき)ガスも多く出る。地球環境にはよくないよね。
日本板硝子(株)は、太陽の熱をさえぎってくれる特殊(とくしゅ)なガラスを開発して、車内の温度が暑くならないようにしたんだ。そのガラスのおかげで、エアコンの温度を「強」から「小」に設定できるんだ。ガラスが省エネ(しょうえね)に役立っているんだよね。

このページのトップへ