SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

三井住友カード社会科見学一覧にもどる

お金よりも便利なクレジットカード

クレジットカードの仕組みを調べてきたよ

買い物や食事をしたときは、お金を支払わ(しはらわ)なければいけないよね。でも、クレジットカードを使えば、お金は必要ないんだ。カードには一人一人に決められたカード番号などの情報(じょうほう)が登録(とうろく)されていて、クレジットカードを使って買い物をすると、だれが、どこで、何円買ったかというデータがカード会社に保存(ほぞん)されるんだよ。そのあと、そのデータをもとにして、カード会社からお店に代金が支払われる。買い物をした人は、後日、銀行の口座(こうざ)からお金が引き落とされるんだ。そういう仕組みなんだね。
だから、買い物をしたり、食事をしたりするときに、お財布(さいふ)にお金がなくても、クレジットカードを使えば支払いができるんだよ。それに、クレジットカードは世界のいろいろなお店で使えるから、海外旅行に行ったときも、外国のお金をたくさん準備(じゅんび)しておく必要がないから、便利だよね。

お店にとっても便利なクレジットカード

クレジットカードが便利なことは、他にもあるんだ。例えばポイントがたまるってこと。買い物をすればするほど、ポイントがたまって、色々な商品に交換(こうかん)できたり、お得なことがいっぱいあるんだ。ポイントをボランティア団体(だんたい)に寄付(きふ)することだってできるんだよ。

実は、クレジットカードというのは、使う人だけじゃなくて、お店の人にとっても便利なものなんだ。お客さまがお店に来て、「これが欲(ほ)しい。」って思ったときにお金を持ってなかったら買わずに帰ってしまうけど、クレジットカードがあればお金を持ってなくても買い物をしてくれるよね。お店の人にとっては、クレジットカードはお客さまに買い物をしてもらうチャンスを逃(のが)さない仕組みなんだ。

クレジットカードは、だれもが持てるわけじゃないんだ

便利なクレジットカードなんだけど、だれもが持てるわけじゃないんだ。残念ながら年齢制限(ねんれいせいげん)があって、18歳(さい)以上にならないと持つことができないんだよ。18歳以上の人でも、カード会社の審査(しんさ)があって、それをクリアした人だけが持てるんだ。  
だってそうだろ。クレジットカードというのは、買い物をしてもお金を出さなくていいわけだから、そのまま支払わなかったらみんなに迷惑(めいわく)をかけるよね。あとでちゃんと支払える人かどうかをカード会社は調べるんだ。  
カードを作るときは、必要なことを申込書(もうしこみしょ)に記入してカード会社に出すんだ。その後、カード会社で審査(しんさ)が行われて、クリアした人には、その人の名前が入ったクレジットカードが発行されるんだ。

このページのトップへ