SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

住友化学社会科見学一覧にもどる

化学ってすごいんだよ!

化学ってなに?

みんなは「化学」って言葉は聞いたことあるよね。化学をかんたんに説明すると、ものの性質(せいしつ)をくわしく研究して、あるものとあるものを組み合わせて新しい別のものを生みだすことなんだ。「燃える」・「さびる」・「とける」など、ものが別の性質(せいしつ)に「変わる」のが化学なんだよ。

ぼくたちのまわりには化学がいっぱい!

花火が緑色や黄色などのカラフルな色をしている。自転車が雨にあたるとさびてしまう。こういった変化が、化学変化なんだ。ぼくたちの身のまわりにある化学変化を、もっと探してみよう。 
みんなが赤ちゃんのころ使っていた紙オムツ。紙オムツのなかには「吸収剤(きゅうしゅうざい)」という水をたくさん吸いこんで固めてくれる性質のプラスチックが入っているんだ。だから、使ったあとも水分が出てこないんだね。 
ボールペンや、ペットボトル、ラップフィルムなどのプラスチックも、石油を化学の力で変化させて作っているんだ。牛乳(ぎゅうにゅう)パックも紙に見えるけど、実は内側と外側に水にぬれてもとけないようにうすくプラスチックがぬってあるんだよ。 
ぼくたちのまわりには、化学で作られたものがたくさんあるんだね。 

水族館のトンネルってどうやって作るの?

水族館のトンネル型の水そうを見たことがあるかな。沖縄(おきなわ)の美ら海(ちゅらうみ)水族館や、大阪(おおさか)の海遊館(かいゆうかん)などには大きいトンネル型の水そうがあるんだ。まるで海の中を自由に散歩しているようで、ワクワクするよね。でも、トンネル型の水そうってどうやって作っているんだろう。 
水そうは、中の魚たちがきれいに見えるように、透明(とうめい)で、たくさんの水が入っているから、じょうぶでないといけないよね。それに、トンネル型に丸い形にできないといけない。水族館用のじょうぶな水そうは、ガラスのように見えるけど、実はプラスチックの一種なんだ。透明でじょうぶで、熱を加えるとやわらかくなるから、曲げることができるんだよ。トンネル型の水そうは、このアクリルシートというプラスチックを何枚も重ねてじょうぶにして、それをトンネル型に曲げて作られているんだって。住友化学(株)のつくるアクリルシートは、化学の力によってぼくたちの生活を豊(ゆた)かにしてくれているんだ。

このページのトップへ