SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

将来の仕事を探そう

動物

獣医

獣医

みんな飼(か)っているペットが病気なったときは、動物病院につれていくよね。 その動物病院で、いろいろな動物の診察(しんさつ)や治療(ちりょう)の仕事をしているのが獣医(じゅうい)です。
獣医は、すべての病気の診察や治療を一人で担当します。言葉で病気の状態(じょうたい)を伝(つた)えることが出来ない動物たちの健康(けんこう)状態を、飼い主(かいぬし)からくわしく聞いて診察し、必要(ひつよう)な治療を行ないます。
獣医は、いろいろな動物に関する知識(ちしき)や専門技術(せんもんぎじゅつ)、そして資格(しかく)が必要です。


動物園の飼育係

動物園の飼育係

動物園は、いろいろな動物がいて楽しいよね。 動物園で飼育(しいく)されている動物の世話をするのが、動物園の飼育係です。
飼育係の仕事は、たくさんあります。まず動物舎(どうぶつしゃ)の掃除(そうじ)。掃除をしながら、動物の健康状態(けんこうじょうたい)をチェックします。あとは、動物のえさを作り、あたえます。動物によって、えさの内容(ないよう)や量(りょう)、あたえる時間などを調整してあたえます。えさをどれくらい食べているか、行動がおかしくないかなどを確認(かくにん)して、動物の体調を管理(かんり)します。


畜産農業

畜産農業

みんなは、ハンバーグやカレーやオムライスは好(す)きかな。 畜産(ちくさん)農家は、牛、豚(ぶた)、鳥などを飼育(しいく)、繁殖(はんしょく)して、牛乳や、肉、卵(たまご)などの食料(しょくりょう)品を作っています。
たとえば、牛乳をつくる酪農(らくのう)では、朝早くから仕事が始まります。毎日、朝と夕方の2回、数十頭から数百頭の牛から乳をしぼります。エサとなる牧草(ぼくそう)やトウモロコシは、1日1回から2回に分けてあたえます。エサの食べ方や食べる量などを、いつも観察(かんさつ)し、一頭づつ違う牛の健康状態(けんこうじょうたい)を管理(かんり)します。


仕事に関係あることを、勉強してみよう。

このページのトップへ