SUMITOMO KIDS すみともキッズ

住友グループ広報委員会

将来の仕事を探そう

外国語・海外

通訳者

通訳者

海外には、いろいろな言葉があって、すべて勉強するのは難(むずか)しいよね。
ちがう言葉の人達(ひとたち)のコミュニケーションを助けるのが通訳(つうやく)です。
外国語から日本語、日本語から外国語、もしくは外国語からほかの外国語にすばやく翻訳(ほんやく)して伝(つた)えることで、会話を成立(せいりつ)させます。聞きながら翻訳して話す同時通訳(どうじつうやく)や、メモしながら聞いて、まとまったところで訳す逐次通訳(ちくじつうやく)などの通訳方法があります。
話し手の伝えたいことを的確に捉え、一番よい表現で聞き手に伝えることが重要(じゅうよう)です。


翻訳者

翻訳者

白雪姫(しらゆきひめ)やピノキオを読んだことはあるかな。実は、外国の童話なんだよ。
外国語を日本語に、日本語を外国語に、内容(ないよう)を理解(りかい)して文章に訳(やく)していくのが、翻訳(ほんやく)者です。
翻訳には、小説(しょうせつ)やエッセイ、伝記(でんき)など海外の本を訳す出版翻訳(しゅっぱんほんやく)、映画(えいが)やテレビの吹(ふ)き替(か)えや字幕(じまく)の原稿(げんこう)などを作成(さくせい)する映像翻訳(えいぞうほんやく)、専門(せんもん)的な技術(ぎじゅつ)書やマニュアルなどを訳す産業翻訳(さんぎょうほんやく)などがあります。
外国語の能力(のうりょく)はもちろんですが、日本語の文章力や、専門知識(ちしき)などが必要(ひつよう)です。


仕事に関係あることを、勉強してみよう。

このページのトップへ