1. 名品の履歴書トップ
  2. > 大阪市立美術館 後編 1
住友コレクション

幻の日本画コレクション「住友コレクション」

大阪市立美術館には、住友本社が寄贈した近代日本画のコレクション「住友コレクション」が収蔵されています。戦中戦後の混乱期に20点の絵画が辿った数奇な運命を、同館学芸員の土井久美子氏にお伺いしました。

インタビュー=住友史料館副館長:末岡照啓

【住友コレクション】
太平洋戦争のさなか昭和18年9月に大阪市立美術館で開催された「関西邦画展覧会」のために制作された20点の日本画コレクション。翌19年に同館に寄贈された。住友本社が展覧会の後援を務めたため、「住友コレクション」と顕彰された。当時の京都・大阪を中心とする日本画壇の代表的作家に依頼されており、いずれも力作ぞろいで、高い評価を得ている。

物資窮乏の折に舞い込んだ依頼

末岡:
10年ほど前に、一度、住友コレクションをお借りして、東京の泉屋博古館分館で展覧会を開いたことがありました。この作品群を見るのはそれ以来のことです。
土井:
あのときのことは、私もよく覚えています。もともと住友コレクションは戦中に開催された「関西邦画展覧会」のために、新たに描かれたものですが、その後、当館に収蔵されていたものの、なかなかそろって展示されることはありませんでした。それが、一斉に並べられるということで「60年ぶりの関西邦画展開催」と注目されました。
末岡:
改めて展覧会の出品者を見ると、そうそうたる顔ぶれですね。
土井:
そうですね。上村松園や橋本関雪、山口華楊など、当時の関西日本画壇を代表する画家が名を連ねています。それも大変な力作ぞろいで、各画家の代表作ともいえる作品が多く、年々価値が高まっています。
末岡:
実際の関西邦画展覧会は、いつの開催でしたか。
土井:
昭和18年の9月に当館で開催され、続けて大礼記念京都美術館(現・京都市美術館)、東京日本橋・三越でも開催されました。その前年、朝日新聞社が展覧会を企画して、日本画家20名を選定したうえで、住友に後援を依頼したんです。戦争中のことですから、揮毫の依頼はおろか、自由にできる絵の具も和紙も不足し、画家たちにとっては苦しい時期でした。そこに、突然絵の依頼が届き、しかも住友が揮毫料も画材も用意してくれるという話が舞い込んできたわけですから、画家たちの喜びようは、大変なものだったでしょう。
土井久美子氏、末岡照啓氏
関西邦画展覧会に合わせて編まれた画集。 関西邦画展覧会に合わせて編まれた画集。
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.