1. 名品の履歴書トップ
  2. > 大阪市立美術館 前編 1
大阪市立美術館

浪速の「市民美術館」

大阪市立美術館
所在地 大阪府大阪市天王寺区
茶臼山町1-82(天王寺公園内)
開館時間 9:30~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は
開館し、翌日休館)、年末年始、展示替え期間
URL http://www.osaka-art-museum.jp/

市民のための美術館を

大阪・天王寺公園の一画に建つ大阪市立美術館は、昭和11(1936)年に開館された日本有数の歴史をもつ美術館である。美術館という言葉自体珍しかった当時にあって、市民が優れた美術文化に接する機会を提供し、美術家の活動を助成し、大阪の文化振興を促すことを目的に、本格的な美術館を建設しようと大正9(1920)年に計画されたものだ。
端整なシンメトリーをなすギリシャ風建築の地上2階建て、地下2階の本館には、日本、中国の絵画、彫刻、工芸など約8,000件を超える収蔵品と、社寺などから寄託された作品を随時展示。また地下展覧会室では、常時さまざまな美術団体が主催する展覧会が開催されており、文字通り、市民の美術館として親しまれている。

大阪市立美術館 シャンデリアが彩る荘厳なエントランスホール。
コンサートが催されることも。

住友本邸の土地を提供

大阪市立美術館の位置する茶臼山一帯は、もとは住友家の本邸のあった場所である。古くは大坂冬の陣で徳川家康が、夏の陣では真田幸村が陣を構えた場所としても知られるが、明治以降、住友15代家長の友純(春翠)が用地の買収を進め、大正4(1915)年に本邸を移転、続いて大正7年には、近代庭園の第一人者、七代目小川治兵衛(植治)の手になる「慶沢園」も完成した。
ところが、大正10年、大阪市が美術館の計画を進めながら、用地の確保に難航しているとの話を耳にした春翠は、美術館を建設するのであればと、慶沢園を含む茶臼山一帯の土地1万坪あまりを大阪市に寄贈することを申し出る。これにより、大阪市立美術館は建設着工に向けて動き出したのである。
折からの関東大震災や世界金融恐慌を受け、工事はたびたび中断されたが、計画から17年をかけて、ようやく開館にこぎつけた。

大阪市立美術館 慶沢園から美術館を望む。四季折々の風情が建物に
豊かな表情を与える。
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.