1. 名品の履歴書トップ
  2. > 大阪府立中之島図書館 前編 1
大阪府立中之島図書館

商都の大図書館

大阪府立中之島図書館
所在地 大阪市北区中之島1-2-10
開館時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後8時
土曜日 午前9時~午後5時
休館日 日曜日、国民の祝日・休日、
3月・6月・10月の第2木曜日、
年末年始
URL http://www.pref.osaka.jp/
site/nakato/

知事と住友の熱意で誕生

大阪府立中之島図書館は、官庁や企業が集中する大阪の中之島にある。石造りの三層、銅葺きのドームを持ち、威厳に満ちたギリシャ風建築は、周辺の高層ビルと好対照をなしている。
同図書館は明治37年(1904年)の開館。明治中期、国民の知識レベル向上に寄与するとして、全国で図書館創設の機運が高まっていたが、大阪には本格的な図書館がまだなく、教育関係者や文化人から設立を求める声が挙がっていた。しかし、インフラの整備を急いでいた府や市にとって、創設費用を捻出するのは容易ではなく、しばしば議題に上ることはあっても、計画に移されるには至らなかった。

明治32年(1899年)、当時の大阪府知事、菊池侃二(きくちかんじ)は「大阪府教育10ヵ年計画」を立てて、議会に提案。提案書のなかで菊池は、明治維新以来、大阪においても高まっている向学の意志を、施設の未整備のために挫折させてはならない。わけても学校外の教育として図書館の創設は一刻も早く実現しなければならないと力説した。

この提案が報じられると、すぐに反応を見せたのが、第15代住友吉左衞門友純(春翠)。図書館建設に巨額の寄付を申し出たのだ。友純はその3年前、欧米を外遊中に、シカゴでアメリカの富豪マーシャル・フィールドが100万ドルを寄付し、建築された美術館を見て、いたく感銘を受けたとされる。「持てる者は、その使命として公共有用のものを建てるべし」。シカゴでそう心に強く刻んで帰国した友純は、府が図書館の建設を検討していることを耳にし、建築費15万円、および図書購入基金5万円を寄贈することを申し出たのである。もちろん、議会は賛成者多数でこれを受け入れた。後に菊池知事は「此のことは、実に我府における空前の美挙であって府民を利することは実に測るべからざるものであろう」と述べ、友純を賞賛している。
府民の間に満ちる向学の意志に、知事と住友の熱意が交わり、待たれていた本格的図書館の創設が実現に向けて動き出すことになったといえるだろう。

大阪府立中之島図書館 第15代住友吉左衞門 第15代住友吉左衞門
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.