1. 名品の履歴書トップ
  2. > 大阪市立東洋陶磁美術館 後編 1
住友コレクション

朝鮮・中国陶磁の世界的名品が一堂に 浮かび上がる悠久の美

東洋陶磁美術館が世界に誇る「安宅コレクション」。それは住友の手によって寄贈されたものでした。そのコレクションの魅力を、同館館長の出川哲朗氏、学芸員の重富滋子氏にお話しいただきました。

インタビュー=住友史料館副館長:末岡照啓

住友メセナ活動の記念碑

末岡:
東洋陶磁美術館は、実は住友グループにとっても記念碑的な存在です。戦前から、住友は図書館を寄贈したり、絵画展のスポンサーになったりと、メセナ(芸術文化支援)に力を入れてきていたのですが、 昭和21年の住友本社解散後は、各社がそれぞれ独立した会社となったので、グループでまとまってメセナをする機会がありませんでした。 東洋陶磁美術館は、戦後30年目にしておとずれたグループ全体で取り組む大きなメセナ事業でした。
出川:
当時の住友銀行と大阪市は非常に関係が良好で、住友グループ全体で大阪市になにかできないかというお話をいただいたと聞いています。安宅産業が経営破綻したときに、安宅コレクションも整理の対象となり、住友銀行がその任に当たられました。住友銀行を中心に住友グループとして、コレクションの買取り資金を大阪市へご寄贈なさり、結果的にその運用益によって、館の建設費までも賄われました。このようにして、「大阪市立東洋陶磁美術館」が設立され、そこに安宅コレクションの陶磁器が一点も欠けることなく、まとまって収められるという理想的な形になりました。最髙の決断だったと私たちも感謝しています。
末岡:

大阪には江戸の時代から町人が、自分たちで自分たちの町をつくるという気概がありました。寄贈という形で、それをまた受け継いでいくことができたのかなと思っています。

出川:
なかなかできることではありません。住友グループからのご寄贈によって安宅コレクションが散逸しないで残りましたので、作品の個々のキャプションには「住友グループ寄贈」と明示しております。
末岡:

大阪は、実業界から多くの数寄者(すきしゃ)が現れています。安宅さんもその系譜に連なるお一人ですね。

出川:
おそらくその最後といえるかもしれません。いまは実業家で美術品の大コレクターはほとんどおられなくなりました。
末岡:
その意味でも貴重なコレクションということになりますね。
出川哲朗氏、重富滋子氏、末岡照啓氏
大阪市立東洋陶磁美術館
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.