1. 名品の履歴書トップ
  2. > 泉屋博古館 中編 1
住友コレクション

春翠、寛一の美意識と住友の理想

公家出身で伝統的素養を身につけた住友家15代当主住友友純(春翠)と、幼い頃から西洋の美に親しんだ春翠の長男・寛一。泉屋博古館の傑出したコレクションは二人の対照的な美意識に加え、美術品を広く公開することで文化振興に貢献しようという住友の理想が重なり合って誕生しました。

インタビュー=住友史料館副館長:末岡照啓

世界的に貴重な青銅器コレクション

末岡:
泉屋博古館の代名詞といえば、やはり中国古代の青銅器でしょうね。博古館はここからスタートしました。
外山:
そうですね。約600点を収蔵展示していますが、質量ともに極めて優れたコレクションだと、大正時代から高い評価を受けています。大正15年に春翠が亡くなったとき、ロンドンタイムスがそれを報じました。「中国青銅器の収集家として著名な、バロン(男爵)スミトモが死去」と。それくらい有名なコレクションだったわけです。
末岡:

廣川さんは青銅器がご専門ですが、青銅器の魅力はどのようなところにあるとお考えですか。

廣川:
そもそも青銅器は、紀元前17世紀から紀元前11世紀に栄えた殷(商)と、その後の紀元前5世紀頃まで栄えた周の時代に、祭祀へ用いる重要な道具でした。細かな装飾や文字を鋳込んであり、想像もできないくらい手の込んだつくりになっています。当時の鋳造技術の高さを伝えるとともに、その芸術性も高く評価されています。また、そこに書かれている文字が、その当時の出来事を克明に記録していることも多く、中国史を研究する学者にとっては、とても貴重な資料です。
出川哲朗氏、重富滋子氏、末岡照啓氏左:泉屋博古館 学芸課長 廣川守
右:住友史料館副館長 末岡照啓
虎卣(こゆう)

画像を拡大する

虎卣(こゆう) 紀元前11世紀 商後期
高さ35.7cm
虎が後足と尻尾で立ち上がり、前足で人を抱えている。中に酒を入れて神に祀った。西周時代前期の特徴を備えた文様が配され、神虎にふさわしい風格を備える。重要美術品。
末岡:

なるほど。青銅器を保管展示している施設は数多くありますが、その中で、住友コレクションには、どのような特徴があるのでしょうか。

外山:
近年、中国では土地開発が急ピッチで進んでいることで、遺跡が数多く発見され、青銅器もたくさん発掘されています。ですから量では中国の博物館や美術館に及ばないようになってきています。しかし、それでも当館にあるような質の高い青銅器はなかなか発見されないのです。春翠は実に優れた質のものを集めていたといえるでしょう。
廣川:
世界でここにしかない、あるいは、ごく限られた数しかないというものが多いのも特徴ですね。おそらく対で作られていて、同じ所有者のもとにあったのが、泣き別れになったのだと思います。たとえばこの「虎卣(こゆう)」は、当館のほかにはフランスの美術館にただひとつしかありません。おそらく対で作られていて、同じ所有者のもとにあったのが、泣き別れになったのだと思います。
末岡:
楽器、酒器、食器とジャンルも幅広く、また作られた時代も1000年以上に渡っていて奥行きもありますね。
廣川:

そうですね。一部の大きな美術館を除けば、これだけ体系的に集めているところはありません。当館にある楽器の「夔神鼓(きじんこ)」や「ひょう氏編鐘(ひょうしへんしょう)」は、きわめて珍しく、世界中から研究者が訪れてくるほどです。

末岡:

終戦直後にGHQが「銅器は無事か」と駆け込んできたことがありましたね。それくらい世界に名の知られたコレクションだった。

外山:

図録『泉屋清賞』の発刊が、大きく影響していたでしょうね。春翠は、蒐集した青銅器をただ保存するだけでなく、広く世に知ってもらおうと、世界で初めてとなる写真付きの青銅器の図録『泉屋清賞』を発刊しました。これを世界中に配布したため、中国青銅器に対する評価が一気に高まりました。その功績は非常に大きいといえるでしょうね。

夔神鼓(きじんこ)

画像を拡大する

夔神鼓(きじんこ) 紀元前11世紀 商時代
高さ82.0cm
鰐の皮を貼って鋲で留めた太鼓を表している。全体に3~5mmの熱さで非常に薄く鋳造されており、技術力の高さが伺える。青銅の太鼓の例はきわめて珍しい。ティンパニに似た太く甘い音がする。重要美術品。
「 「ヒョウ氏編鐘(ひょうしへんしょう)」

画像を拡大する

ひょうしへんしょう 紀元前5世紀~紀元前4世紀 戦国時代
高さ12.7~31.7cm
本来14点セットの編鐘のうち、12点を収蔵。楽器として使用された。作器者の軍功の数々が記されており、史実を反映した貴重な記録となっている。重要美術品。
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.