1. 名品の履歴書トップ
  2. > 泉屋博古館 後編 1
文化の隆盛と平安 春翠が追い求めたもの

文化の隆盛と平安 春翠が追い求めたもの

第15代当主住友吉左衞門友純(春翠)の興味は、近代の絵画や陶芸にも広く及んでいます。それらの蒐集には、日本の近代文化の発展を強く後押ししようとする意図があったことが、数々の史料によって明らかになっています。

インタビュー=住友史料館 副館長:末岡照啓

須磨別邸を飾った西洋絵画

末岡:
まず、絵画の話からお伺いいたします。春翠は西洋絵画のコレクターとして、大原美術館を設立した大原孫三郎(1880-1943 )※1と双璧をなすといわれています。春翠が西洋絵画に興味を持つきっかけとなったのは、やはり実兄の西園寺公望の影響があったのでしょうか?
野地:
大きかったでしょうね。公望は外交官でしたから、当時としては珍しくグローバルな目を持つ人物でした。この兄の影響を受け、海の向こうにあるもうひとつの文化に対して興味を募らせていたことは、容易に想像できます。
末岡:

春翠自身、明治40年にヨーロッパの視察に出かけました。

野地:
そのときの洋行で、クロード・モネ(1840-1926)の「モンソー公園」という作品を購入しています。春翠にとっては初めての西洋絵画です。モンソー公園は、いまもパリの日本大使館の近くにあるのですが、公園沿いに富豪の邸宅を改装した美術館があります。おそらく、彼はそこも訪ねたのだと思いますね。自然のなかに屋敷があり、そのなかに東洋古美術などをコレクションして並べている。それを見て、家のなかに美術品があることの有用性、つまり子弟の教育やおもてなしに美術品が役立つということを認識した。
泉屋博古館 分館長 野地耕一郎泉屋博古館 分館長 野地耕一郎 住友史料館副館長 末岡照啓住友史料館副館長 末岡照啓
末岡:

なるほど、須磨別邸 ※2のちょうど逆ですね。

野地:
その通りです。モンソー公園の邸宅美術館はアンリ・チェルヌスキーという富豪が中国や日本を旅行したときに集めた東洋古美術を展示していますが、須磨別邸には西洋絵画を並べた。当時、日本では相当に珍しい建物だったはずです。
末岡:
西洋絵画の蒐集にあたっては、
鹿子木孟郎(かのこぎ たけしろう)が果たした役割にも触れなければいけませんね。
野地:
そうですね。鹿子木孟郎はおもしろい人物で、東京で絵の修練を積み、わずかなお金を携えてフランスに留学していたときに、お金が尽きてしまい、つてをたどって住友に支援を頼み込んできた画家です。ちょうどパリ万博(明治33年)のときで、そのとき住友は援助する替わりに、4、5点西洋絵画を購入してきてくれと頼んだのです。すると、「絵を買うよりも私がルーブル美術館で模写してきて差し上げますよ」と言ったそうです。当時の画家にとって模写は、日本では見られない表現を目の当たりにできるうえ、そのテクニックを勉強できて一石二鳥です。スポンサーに対して自らそう持ちかけるのですから、相当肝の据わった人物だったのでしょう。
以後、鹿子木は明治の終わりと大正期に住友の援助を受けて2度フランスに留学しています。
そのとき、サロンで入選した作品や自分が師事していた歴史画の大家ジャン=ポール・ローランスの作品を住友に代わって購入しています。須磨別邸や住友アパートメント(東京)に飾られていたフランスの絵画は、主にそのときに購入したものです。
末岡:

春翠と鹿子木は、相当馬が合っていたようですね。二人が共作した掛軸が博古館に残っていますよ。ねずみと大根を描いたもので、二人で代わる代わる筆をとっています。

クロード・モネ『モンソー公園』

画像を拡大する

『モンソー公園』 クロード・モネ
1876年
カンバス油彩 縦56.0cm 横69.5cm 印象派の創始者であるモネ36歳のときの作品。自然の美が素直にかつ濃縮されており、樹木には見事な花が咲きそろい、緑の歯が太陽を浴びて美しく輝いている。
ジャン=ポール・ローランス 『マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち』

画像を拡大する

『マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち』 ジャン=ポール・ローランス
1877年
カンバス油彩 縦210.0cm 横300.0cm サロンの最髙賞である栄誉賞牌を受賞し、歴史絵画の最後の大家ジャン=ポール・ローランスの名前を決定づけた作品。18世紀のフランスの将軍マルソーの死と、その死を敵であるオーストリアの参謀らが悼む様子を描いている。
野地:

大原孫三郎も、満谷國四郎(みつたに くにしろう)や児島虎次郎らの若い画家をフランスに留学させて絵画を購入させているのですが、集めた作品を見ていると、ちょっと傾向が違うのです。春翠は、須磨別邸に展示すると映えるというか、別邸によく似合う作品を購入させています。鹿子木は、春翠の思いをよく感じ取っていたのでしょう。

※1大原孫三郎
日本の実業家。倉敷紡績(クラボウ)、倉敷絹織(現在のクラレ)などの社長を務め、大原財閥を築き上げる。社会、文化事業にも熱心に取り組み、大原美術館を設立した。

※2須磨別邸
白砂青松で知られる須磨海岸に明治36年(1903)に建てられた住友家別邸。日本で初めての郊外型住宅とされる。欧州視察後、英国流の国際的社交の場・子女教育の場が必要と痛感した春翠が、住友本店臨時建築部技師長 野口孫市に指示し建築させた。残念ながら、第二次世界大戦の戦火により名画コレクション共々焼失し、戦後、別邸跡は神戸市に寄贈され、現在須磨海浜公園となっている。

住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.