1. 名品の履歴書トップ
  2. > 泉屋博古館 前編 1
泉屋博古館

住友家寄贈の優品を収蔵・展示

泉屋博古館 sen-oku hakuko kan

本館
所在地 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
(ただし、月曜日が祝日の場合
開館、翌平日休館)
年末年始、展示替え期間
泉屋博古館
分館
所在地 東京都港区六本木1-5-1
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
(ただし、月曜日が祝日の場合
開館、翌平日休館)
年末年始、展示替え期間
URL http://www.sen-oku.or.jp/

住友家ゆかりの地に

泉屋博古館は、住友家が収集した美術品、工芸品を収蔵展示する美術館である。

本館が立地するのは、京都東山の麓にあたる左京区鹿ケ谷。穏やかな山容を間近にのぞむ景勝地として古くから知られ、明治以降は、数寄者(すきしゃ)が好んで別荘をかまえた地だ。明治・大正を生きた住友15代当主住友友純(春翠)も、かつてここに別荘を構えた。一方、分館はかつて住友会館があった場所。1990年代、住友連系各社が本社を東京へと移すなか、東京におけるメセナ活動を強化したいとのグループの意向と、六本木再開発構想で、付近一帯を上野の森につづく美術館街にしたいとの東京都の意向が合致し、泉ガーデン開発時にここに分館を建てることにしたものだ。

泉屋博古館が収蔵する作品の多くは、春翠によって収集されたものだ。古代中国の青銅器約600点をはじめ、中国・日本の書画約650点、茶道具約800点、能装束・能面が約250点、洋画約150点が、京都鹿ケ谷の本館と東京六本木の分館に収蔵展示されている。

本館外観。直線的なフォルムが特徴的で、柱や梁には、木目調の装飾が施されている 京都本館の外観。直線的なフォルムが特徴的で、柱や梁には、木目調の装飾が施されている。
都心とは思えない閑静な空間に立つ分館。近代の絵画や陶芸作品を企画展示。 都心とは思えない閑静な空間に立つ分館。近代の絵画や陶芸作品を企画展示。

世界屈指の青銅器コレクション

多彩な収蔵品の中でも、特に青銅器は質量ともに世界有数のコレクションとして知られる。紀元前17世紀から紀元前3世紀の殷(商)、周時代にさかんに制作された青銅器は、彝器(いき。宗教的儀礼のための祭器)として利用されるとともに、器の所有者の地位や権威を象徴する政治的・社会的意味も持ち、青銅器文明が衰退した漢代以降も、中国の思想を象徴するものとして珍重された。複雑な器形と精緻な文様、器種のバリエーションなどから、世界各地で愛好されていたが、春翠が収集していた20世紀初頭においては、日本で青銅器を集めていたコレクターは、ほとんどいなかった。ちょうどその頃、義和団の乱の余波を受けて、それまで中国の文人らが所有していた質の高い青銅器が流通し日本に伝来した。春翠はそれらを積極的に収集。世界でも類例の少ない作品も揃え、傑出したコレクションを形成した。

夔神鼓(きじんこ)

画像を拡大する

夔神鼓(きじんこ) 紀元前11世紀 商時代
高さ82.0cm
全体に3~5mmと非常に薄く鋳造され、全面に細かい文様が見られる。当時の正面の像は当時の鬼神の一つと考えられている。音楽大の協力のもと、再現試験を行ったところ、低く柔らかいティンパニのような音がした。類例としては湖北省で一点出土しているのみ。
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.