1. 名品の履歴書トップ
  2. > 楠木正成像 後編 1
楠木正成

美術の芽吹きを支えた住友の貢献

日本の彫刻史にその名を刻む楠木正成像。それができあがるまでには、東京美術学校を挙げての奮闘と、日本の美術振興に貢献したいとする住友の願いがありました。

インタビュー=住友史料館副館長:末岡照啓

哲学的な芸術

末岡:
楠木正成像製作の指揮をとった高村光雲は、東京藝大の前身である東京美術学校彫刻家の初代教授で、北郷先生の大先輩になりますね。先生の目から見て、楠木正成像は、どのように映りますか。
北郷:
彫刻家としての大先輩であることを差し引いても、光雲は研究の対象としてよく見てきました。彼の作品のなかでも、これは本当に力を注いだ作品でしょうね。ぐっと手綱を引いて立ち止まりかけた様子を形作っていますが、馬の脚に伝わる力や、たてがみや尾に風のたなびきも感じさせ、楠木正成はあごをぐっと引いて馬をいさめていて、緊迫感が漂ってくる。感動すら覚える仕上がりだと思います。
末岡:

あごを引くというのは、やはり最終的に台座の上に置かれることを想定して作っていったということでしょうか

北郷:
もちろんそれはあるでしょう。本体だけで4メートル。台座を含めると頭の位置は8メートルの場所にあります。作り手としてはその高さを意識しないわけにはいきません。実際、高さのある位置からみると、少し首が窮屈に見えます。おそらく首は差し込みになっているのだと思いますが、何度となく刺したり抜いたりして角度を調整していったのではないでしょうか。いい位置に決めたと思いますよ。
末岡:

馬もだいぶ議論があったようです。光雲の残した資料によると、馬は、木曽駒など日本馬のよいところを合体させてイメージを作り上げたとありますね。

東京藝術大学 理事・教授 北郷 悟東京藝術大学 理事・教授 北郷 悟 住友史料館副館長 末岡照啓 住友史料館副館長 末岡照啓
北郷:
日本の馬にしては、ちょっと大きいですよね。本来の在来馬であれば、背高がずっと低いですから、ロバにまたがったドン・キホーテのような姿になってしまうはずです。実際、日本の甲冑を付けて馬に飛び乗ろうとしたら、それくらいのほうが都合がいいし、野山を駆け回るのにもちょうどいいサイズです。とはいえ、やはり馬は少し大きいほうが格好がいい(笑)。 馬の製作を担当した後藤貞行もそう考えて、近代になって軍馬として輸入されたアラブ種の特徴を踏まえた馬を考えたんですね。私も彫刻家ですから、その気持ちはよくわかります。後藤は陸軍で軍馬の面倒を見ていた人物で、その屍体を引き取って解剖までしていた人物ですから、アラブ種の特徴をつかむのはお手の物だったでしょう。
楠木正成像
末岡:
楠木正成自身の姿は、本当に議論百出で、まとめるのも大変だったようですね。
北郷:

私も資料を読みましたが、だいぶ悩んだ様子が伺えます。彫刻家は、対象となるものを、どのように存在させるか、その責任を負う仕事です。歴史上の人物などを扱う場合、表情や身に着けるもの一点一点に至るまで、曖昧なままでは作れませんし、もちろん思いつくままに作るというわけにもいかない。徹底した時代考証や調査を行い、さらにどのような人物であったか限られた資料から思考に思考を重ねてイメージを鍛え上げていかなければなりません。木型を作りあげるだけで3年かかっていますが、その時間は、光雲をはじめとする携わった者たちの議論と苦悩の蓄積といえるでしょうね。

末岡:
哲学に通じるところがありますね。
北郷:
そう、まさに哲学的、本質的な芸術なのです。
末岡:
置かれている場所もまたいいですよね。振り返れば皇居が見えて、背景には木立が配置されています。
北郷:
それも含めて彫刻家の仕事です。馬体は皇居を向きながら、顔は失礼にならないようにとちょっと伏せ気味にしている。伝えられる古事の場面をモチーフにしながら、置かれる場所も踏まえてポーズや表情を決めている。非常に空間を読んだ彫刻で、その点でも優れた作品といえるのではないでしょうか。
住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.