1. 名品の履歴書トップ
  2. > 楠木正成像 前編 1
大阪市立東洋陶磁美術館

精彩を放つ騎馬武者像 明治美術家の意気をいまに伝える

楠木正成像
所在地 東京都千代田区皇居外苑1-1
アクセス 東京メトロ千代田線二重橋駅
2番、6番出口すぐ
問い合わせ 03-3213-0095
(環境省 皇居外苑管理事務所)

二重橋を臨む巨像

皇居前広場に勇姿を見せるブロンズ製の騎馬像。忠臣の誉れ高い鎌倉時代末期の武将、楠木正成の姿を映し出したものである。緊迫感あふれる表情や馬の血管まで精緻に描き出した意匠、観光名所である二重橋を臨む設置場所、かつては紙幣のデザインにも採用されたことなどもあり、国内でもっとも名高い銅像のひとつである。

本体の高さは約4メートル。花崗岩の台座を含めると8メートルに及ぶ堂々たる姿で、上野公園の西郷隆盛像、靖国神社の大村益次郎像と並び、「東京の三大銅像」の一つに数えられている。日本の具足を帯びた代表的な武者像として海外の旅行ガイドブックに掲載されることも多く、足を留めて見上げる外国人観光客の姿が引きも切らない。

楠木正成像

画像を拡大する

楠木正成像

画像を拡大する

楠木正成像

画像を拡大する

楠木正成像

画像を拡大する

楠木正成像

画像を拡大する

楠木正成像

画像を拡大する

東京美術学校の総力を結集

この楠木正成像は、別子銅山開坑200周年事業として住友から宮内庁に献納されものだ。明治22年(1889年)末、当時の住友総理人の広瀬宰平(初代総理事)は、翌年に別子銅山開坑200周年を控え、住友家13代当主住友友忠と相談し、別子銅を用いて銅像を製作し献納することを決めた。

製作は、岡倉天心が校長を務めていた東京美術学校(現在の東京藝術大学の前身)に依頼。当時、東京美術学校には塑造科はなく、原型は木彫を使用する時代だったため、同校の木彫科教授であった高村光雲が主任となり、指揮をとった。翌年、東京美術学校は後に製作担当者となる3人を次々と教師として採用。高村光雲は頭部を担当し、山田鬼斎と石川光明が身体・甲冑部などを、後藤貞行が馬の製作を担当した。

図案は、教員、学生を通して一般から広く募集し、学生岡倉秋水のものが選ばれたが、そこからの製作は一筋縄ではいかなかった。楠木正成の肖像は20数点が残されていたが、ことごとく骨相が異なり、どれをよりどころにすべきか決め手がない。結局、光雲は、知謀に優れた軍略家の相を表すことに重点を置いて、細面の容貌を採用した。

甲冑は歴史画家で同校の教授だった川崎千虎(ちとら)が考証を担当。楠木正成ゆかりの寺社を巡り、遺物と称される品をくまなく探究し、綿密な調査を加えて史実を補充し図案を完成させた。

馬を担当した後藤は、若い頃に騎馬術を習い、軍馬局で種馬について研究した後、理想的な馬の姿を描きたいと日本画、洋画を習った経歴の持ち主で、それでも飽き足らず彫刻を覚えたいと光雲のもとを訪れた人物。その才を見いだした光雲が、馬の製作担当に推挙した。巨大な馬像に挑んだ後藤は、並外れた熱意を見せた。専門の知識に加え、軍馬局から馬の屍体をもらい受けて解剖したり、東北を巡り馬の写真を多数撮影して回り、繰り返し模型を作成して細部を煮詰めていった。

こうして東京美術学校の木彫科を総動員し、約3年をかけて木彫の原型が完成。みなぎる生気は、見る人を大いに驚かせたと伝えられている。

住友グループ広報委員会 Copyright (c) Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.