1. ホーム
  2. 住友関連施設・関連団体:住友財団
  3. 「基礎科学研究助成」に1億6千万円「環境研究助成」に1億円の助成を決定

住友関連施設・関連団体住友関連施設・関連団体

住友財団(すみともざいだん)

「基礎科学研究助成」に1億6千万円「環境研究助成」に1億円の助成を決定

住友財団(会長 杉村 隆 、理事長 住友吉左衞門)は、この度2015度(本年4月~ 6月に公募)の「基礎科学研究助成」として総額1億6千万円(前年並)、同「環境研究助成」として総額1億円(前年比1千万円減)の助成を決定いたしました。これによって、財団創設(1991年)以来の累計助成金額(件数)は、「基礎科学研究助成」で約33億4千万円(1,998件)、「環境研究助成」で約24億9千万円(1,310件)に達しました。

1.基礎科学研究助成

若手研究者による基礎科学(数学、物理学、化学、生物学、工学の基礎)研究に対する助成で、古在由秀 国立天文台名誉教授を委員長とする選考委員会(委員13名)で

過去の実績にのみ とらわれることなく、優れて独創的なものを見出すべく」選考がなされました。選考の結果、1,572件の応募の中から、

    オーストリア科学アカデミー分子生物工学研究所
    望月 一史 グループリーダー
    『核の二型性を用いた核構造レベルでの遺伝子発現制御機構の解析』

など98件の研究に対し、総額 1億6,000万円の助成を行うこととしました。

2.環境研究助成

環境問題の解決・改善に資する様々な研究に対し助成を行うもので、御園生 誠 東京大学名誉教授を委員長とする選考委員会(委員7名)で選考の結果、

(1) 「課題研究(募集課題『喫緊の環境問題解決のための学際研究または国際共同研究』)」については、49件の応募の中から、

        北海道大学 大学院地球環境科学研究院 田中 俊逸 教授らによる
        『流域環境と水文情報の相関に基づくアジア河川の脆弱性からの脱却』

        など2件に対し、総額1,800万円の助成を行うこととしました。

(2) 「一般研究」は、554件の応募の中から

        中部大学 分子性触媒研究センター 山本 尚 教授らによる
        『環境に優しいフロー・システムを用いた有機合成-閉鎖系による危機回避-』

        など46件の研究に対し、総額8,200万円の助成を行うこととしました。

ページの先頭へ戻る

住友グループ広報委員会 Copyright © 2016 Sumitomo Group Public Affairs Committee All Rights Reserved.