メッセージ

住友グループは、平成5年(1993年)以来、グループ・メッセージを「大切なこと 人から人へ」と定めて活動しています。
意味するところは、20世紀から21世紀へ時代の大きな移り変わりの中で、残して行きたい、創っていきたい「大切なこと」を社会と共に考え行動することを目指しています。

「大切なこと 人から人へ」

住友グループには400年を超す歴史があります。
歴史の始まりから、現在まで受け継がれる事業精神のもと、グループ各社は活動を続けています。住友グループ広報委員会は、その事業精神に通じる、グループメッセージである「大切なこと人から人へ」のもと、時代の大きな移り変わりの中で、そして、震災後の社会・人々の大きな変化の中で、残していきたい、創っていきたい「大切なこと」を社会と共に考え行動することを目指します。

住友グループ広報委員会の主な活動

社会の人々との接点として

「大切なこと 人から人へ」の精神にかなう各イベントへの後援

将来を担う子供達へ

子供達が、社会の仕組み職業などを学べるコンテンツ

世界の人々と

国際社会との調和を目指した住友グループの海外向け広報誌

住友グループのみなもと

住友グループの成り立ち、歴史を様々な方法で理解できるコンテンツ

メッセージ1
メッセージ2

グループメッセージの変遷

  • 「躍進する住友グループ」(1963年から1973年)
  • 「大きな愛を育てよう」(1973年から1979年)
  • 「明日の世代を育てよう」(1979年から1984年)
  • 「未来の芽 大切に」(1984年から1993年)
  • 「大切なこと 人から人へ」(1993年から)

PageTop