283年の歴史を体感できる 別子銅山記念館

283年の歴史を体感できる 別子銅山記念館
283年の歴史を体感できる 別子銅山記念館

愛媛県新居浜市の南東に位置する別子銅山は、1690年(元禄3年)に発見され、翌1691年に開坑しました。以来、1973年(昭和48年)に閉山するまで、江戸・明治・大正・昭和の4時代283年にわたり、銅を産出し続けました。

海抜約1200メートルの地点から採掘が開始され、最終的には海抜マイナス約1000メートルまで、営々と掘り続けられました。

開坑から閉山まで一貫して住友が経営した、日本はもとより世界でも例のない銅山であるため、普通なら散逸していてもおかしくない数々の貴重な史料を見ることができます。

館内は6つのコーナーに分かれており、1.住友の歴史を紹介する「泉屋コーナー」、2.銅山の開坑から最近の関連事業まで裾野を拡げた「歴史コーナー」、3.鉱石などの「地質・鉱床コーナー」、4.ここで働いた人たちの生活をしのばせる「生活・風俗コーナー」、5.西洋の技術が導入されて以降の機材が並ぶ「技術コーナー」、6.銅製錬による煙害克服の歴史を持つ四阪島を紹介した「四阪島コーナー」があります。

1893年(明治26年)開通の鉱山専用鉄道用にドイツから購入した第1号蒸気機関車や、江戸時代の長崎貿易(輸出)用の御用銅など、貴重な歴史遺産を見ることができます。また、全長約700キロメートルに及ぶ坑道の模型は圧巻です。

建物は、別子銅山守護神が奉祀されている大山積(おおやまづみ)神社境内にあり、鉱山をイメージして、半地下形式となっており、屋根は全面がサツキで覆われています。1691年(元禄4年)5月の銅山稼行認可を祝するかのように、毎年5月には花が満開となり、今や新居浜のサツキの名所としても親しまれています。

記念館の見どころ

ロビー

ロビー

ロビーには、「大鉑(おおばく)」が飾られています。大鉑は、毎年元旦に、自然の恵みへの感謝と銅山の繁栄・安全を祈願し、古式により大山積神社に奉献されていた鉱石のことです。展示品は、1973年(昭和48年)に奉献された別子銅山最後のもので、重さは約300キログラムです。

泉屋コーナー

「泉屋コーナー」では、銅山師・銅商として台頭した泉屋(住友)の歴史を、江戸時代の絵図、古文書、明治時代の図巻、器物、記念品などを通じて紹介しています。
住友家初代当主である政友(法号:文殊院)が、商売の心得や人としての生き方を書き記した書状で、後に家訓となる「文殊院旨意書」が展示されています。これは、「正直・信用・確実」という住友(事業)精神の原点といわれています。
また、各時代の精銅も展示しており、写真は「KS銅」(「KS」は、住友家当主住友吉左衞門のイニシャルをとって名付けた)。不純物の多い精銅で、その不純な点が捺染用ロール、写真版、汽船のプロペラなどの特殊物件を製作するのに合致して好評を博したものです。

泉屋コーナー
泉屋コーナー

歴史コーナー

「歴史コーナー」では、開坑から閉山までの別子銅山の推移を、古文書、絵図、図録、模型、写真などで紹介しています。明治中期の諸施設復元模型では、別子銅山全体(旧別子地区)のリアルな様子を見ることができます。文殊院旨意書等を基に初代総理事(総理代人)広瀬宰平が編纂した「住友家法」(明治15年制定)も展示されています。

歴史コーナー
歴史コーナー

地質・鉱床コーナー

「地質・鉱床コーナー」では、別子銅山で採取した鉱石標本などを紹介しています。

地質・鉱床コーナー
地質・鉱床コーナー

生活・風俗コーナー

生活・風俗コーナー

「生活・風俗コーナー」では、江戸末期より昭和年代に至る山内作業・風俗や、坑内用諸道具類、諸行事、服装、諸施設等を紹介しています。1840年(天保11年)の江戸の絵師 桂谷文暮筆による「別子銅山図八曲一双屏風」は、山内の作業や風俗を写実的に描写したもので、当時の様子を知る上で貴重な史料です。

生活・風俗コーナー

技術コーナー

技術コーナー

「技術コーナー」は、採鉱・支柱法や、明治より昭和に至る照明器具、採鉱用小道具、鉄道用品、救護隊用品、さく岩機などを紹介しています。鉱山鉄道は専用鉄道でしたが、1929年(昭和4年)には地方鉄道となり、再び専用鉄道となる1954年(昭和29年)までの間は一般の人も乗せることができました。

技術コーナー

四阪島コーナー

「四阪島コーナー」は、船による通勤体制となる前の1975年(昭和50年)頃の四阪島模型、当時世界最長であった1922年(大正11年)敷設の海底電線ケーブル、安全上の問題から2013年(平成25年)に解体された大煙突避雷針などを紹介しています。現存する、住友家別邸・来客接待用として建設された「日暮別邸」は、2018年(平成30年)秋には新居浜に移築・保存され、記念館としても活用予定です。

四阪島コーナー
四阪島コーナー
資料提供:住友金属鉱山株式会社
資料提供:住友金属鉱山株式会社

開館時間のご案内

開館時間のご案内
開館時間 午前9時~午後4時
休館日 月曜日、祝日(日曜日と重なる場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)、10月17日

アクセス

別子銅山記念館

TEL
0897−41−2200
住所
愛媛県新居浜市角野新田町3−13 〒792−0844
FAX
0897-41-9459
料金
無料

PageTop